マイル

ANAマイルの基礎知識!マイレージクラブ初心者へわかりやすくマイルの基本を解説

なんだか難しそうなイメージがあってマイルを貯めていなかったけれど、せっかくANAマイルを貯めると決めたから、もっとANAマイルのことを知りたい!

 

よく知らないままだと、とっつきにくいよね。

ANAマイルは、初めてマイルを貯める人におすすめのマイレージだよ。

ANAマイルの基本を知って、たくさんマイルを貯めよう!

 

ANAマイレージクラブとは

ANAマイレージクラブとは、飛行機に乗ったり提携しているサービスを利用することによって貯まる「マイル」を特典航空券などの豊富な特典に交換できるANA(全日空)のマイレージプログラムです。

 

関連記事:マイル・マイレージって何?どうやって貯めるの?初心者でも貯まる?

ANAマイレージクラブの概要

ANAマイレージクラブの入会金・年会費は無料

ANAマイレージクラブは、入会金・年会費無料で誰でも入会できます。

オンライン入会と空港のANAカウンターで入会の手続きが可能。

 

会員登録から3~4週間で「ANAマイレージクラブカード」が届きます。

カードが手元に届く前にANAまたは提携航空会社の便に乗る場合、入会手続き後に発行される番号をお知らせすることで、マイルを貯めることが出来ます。
また、事後登録手続きも出来ます。

ANAマイルの有効期限

ANAマイルには有効期限があります。

貯めたマイルは利用月から数えて36ヵ月後の月末まで有効です。

 

例えば、2016年8月15日に獲得したマイルは、2019年8月31日(月末)が期限になります。

 

有効期限内にマイルを貯めて、特典と引き換える必要があります。

ANAマイルの特典は1マイルから使用可能

ANAマイルは、1マイルからANAスカイコインに交換することが出来ます。

10,000マイル以上交換する場合、交換マイル数と、ANAマイレージクラブの会員ステイタスやANAカードの種類に応じて、交換率が変動ます。

 

ANAスカイコインの対象商品はこちら。

  • 国内線航空券
  • 国際線航空券
  • 国内旅行商品
  • 海外旅行商品

ANAマイルの特典航空券は5,000マイルから交換可能

マイルで旅行するといっても、何マイル貯めれば飛行機に乗れるの?

 

国内線は片道5,000マイルから、国際線は往復12,000マイルから航空券に交換できるよ。

 

 

国内線特典航空券の一例

路 線 必要マイル数(シーズンによって変動)
 片道 往復
東京 大阪 5,000/6,000/7,500 10,000/12,000/15,000
大阪 宮古 7,000/9,000/10,500 14,000/18,000/21,000
福岡 札幌 7,000//9,000/10,500 14,000/18,000/21,000
名古屋 石垣 8,500/10,000/11,500 17,000/20,000/23,000
札幌 沖縄 8,500/10,000/11,500  17,000/20,000/23,000

 

 

 

国際線特典航空券、日本発着便の一例 ※国際線は往復のみ。

路 線 必要マイル数(座席クラス、シーズンによって変動)
エコノミー ビジネス ファースト
韓国 12,000
15,000
18,000
25,000
30,000
33,000
中国/香港/
台湾など
17,000
20,000
23,000
35,000
40,000
43,000
シンガポール/
タイなど
30,000
35,000
38,000
55,000
60,000
63,000
105,000
105,000
114,000
ハワイ 35,000
40,000
43,000
60,000
65,000
68,000
北米 40,000
50,000
55,000
75,000
85,000
90,000
150,000
150,000
165,000
ヨーロッパ 45,000
55,000
60,000
80,000
90,000
95,000
165,000
165,000
180,000
オセアニア 37,000
45,000
50,000
65,000
75,000
80,000

 

 

ANAマイルは特典の交換先が豊富

ANAマイルは、特典航空券以外にも様々な特典に交換できます。

1マイルから交換できるスカイコインをはじめ、ANAのサービスや提携サービスのポイントなどがあります。

 

ですが、どの交換先よりも特典航空券に交換したほうが1マイルの価値を高められるので、特典航空券への交換がおすすめです。

 

  • ANA国際線アップグレード(エコノミー→ビジネス、ビジネス→ファーストなど)
  • スターアライアンスアップグレード(エコノミー→ビジネス、ビジネス→ファーストなど)
  • ANA国内線 機内Wi-Fiサービス
  • ANAショッピングポイント特典
  • ANA国際線超過手荷物手数料
  • ANAスカイコイン
  • ANAマイレージモールクーポン
  • ANAご利用券
  • レストラン
  • ホテル
  • ANAシアター
  • レンタカー
  • ポイント交換(楽天ポイント、Tポイント、nanaco、iTunesなど)
  • アクティビティ
  • 寄付、支援

など

 

関連記事:マイルの特典は何に使うのが良いの?航空券に交換するのが絶対におすすめな理由

ANAマイルがマイル初心者におすすめな理由

日本の航空会社なので、わかりやすい・使いやすい

ANAは日本の航空会社なので、ANAのホームページはもちろん日本語。

なので、初めての方にもわかりやすいんです。

 

海外旅行よりも国内旅行が好きな場合は、特典航空券を使える場面もたくさんでてきますね。

マイルを貯める方法がたくさんある

搭乗はもちろん、クレジットカード、ポイントサイトを使ってポイントを貯めやすいのが嬉しいですね。

 

普段から使うようなショッピングサイトやコンビニエンスストアなどのサービスと提携しているため、いろいろなところで貯めたポイントをANAマイルに交換すると、どんどんマイルが貯まります。

特典を交換しやすいので、モチベーションが上がる

特典航空券は5,000マイルから交換できるので、すごく難しいことではありません。

一度特典航空券に交換できると、「次も行けそう!」と思ってくるんですよね。

 

5,000マイルから特典航空券に交換できるマイルですが、どうしても有効期限内に貯められない!と言った場合は、お好きなポイントサイトや特典に交換することも出来ます。

でもやっぱり、せっかくなら特典航空券が良いですね!

まとめ

ANAマイレージクラブでマイルを貯めること、なんだか出来そうな気がしてきませんか?

あなたにも、マイルで旅行が出来ます!

 

一緒にマイルを貯めて新たな旅に出かけましょう。

 

ANAマイルってこういう仕組みなんだね。

どんどん貯まっていくと、マイルを貯めるのが趣味になっちゃいそう〜!